京都幼児教室 ホーム
本部・四条教室 075-344-5013  西賀茂教室 075-492-8811
全体情報 幼児教室 保育部 託児部 郊外学習 課外講座 問題集販売 お問い合わせ お役立ち
高嶋喩先生 園長先生からのお話先生方からのアドバイス受験をお考えのご両親へぬりえ・迷路WEB絵本

いつまでも、夜起きていて困っています


睡眠時間はたりていますか?
朝からあくびを何度もしていたり、集中力が続かなかったり、気持ちが不安定になってすぐに泣いたりしていませんか?
 子どもたちが日中、いきいきと活動するためには、生活リズムをきちんと整えてあげることが大切です。その基本となるのが、「睡眠」です。これが乱れてくると色々な影響が子どもたちに出てきます。
 また「睡眠」は脳や身体の発達にとても重要です。眠っている間に成長ホルモンが分泌され、体の成長を促すといわれています。
 乳幼児にとっては、午後8時から翌朝6時までの10時間の睡眠が必要です。


「早寝をするために」
早起きをさせましょう。

日中、(できれば戸外で)体をよく動かすようにしましょう。

お昼寝は午後3時半頃までには起こすようにしましょう。
就寝時間を決めてテレビ、電気を消し、眠りにつきやすい環境を作ってあげてください。
 
京都きらら学園 近藤先生より  2006年11月 掲載
一覧のページへ ページ上部へ戻る